ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「クライマーズ・ハイ」  ◆チョイオシシネマ
  
C) 「クライマーズ・ハイ」フィルム・パートナーズ
 
製作年度/国

2008年/日本
上映時間

2時間25分
日本公開

2008年7月5日
配給会社

ギャガ・コミュニケーションズ
ジャンル

ドラマ、サスペンス
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場 梅田ブルク7なんばパークスシネマ三宮シネフェニックスMOVIX京都 他
http://theaters.toei.co.jp/TheaterList/?PROCID=02240

監督
原田眞人(「突入せよ!「あさま山荘」事件 」「魍魎の匣」

原作

横山秀夫『クライマーズ・ハイ』(文藝春秋刊)
脚本 加藤正人(「雪に願うこと」「日本沈没」)
成島出(「T.R.Y. トライ」「築地魚河岸三代目」「フライ,ダディ,フライ」(監督))
原田眞人(「突入せよ!「あさま山荘」事件 」「魍魎の匣」

キャスト 悠木和雅 堤真一
佐山達哉 堺雅人
玉置千鶴子 尾野真千子
安西耿一郎 嶋政宏
白河頼三 山崎努
等々力庸平 遠藤憲一
岸円治 田口トモロヲ
田沢善吉 堀部圭亮
吉井弁次郎 マギー
神沢周作 滝藤賢一
伊東康男 皆川猿時
亀嶋正雄 でんでん
粕谷隆明 中村育二
追村穣 螢雪次朗
黒田美波 野波麻帆
安西小百合 西田尚美
安西燐太郎 小澤征悦

公式HP http://climbershigh.gyao.jp/ (日本)

ストーリー 「クライマーズ・ハイってもんは、本当にあるの?」
「・・・・・・怖かったな」 「怖い? 異常に興奮して、恐怖心が麻痺しちゃうんだろ?」 「解けた時が怖いんです。溜め込んだ恐怖心が一気に噴き出して、一歩も動けなくなる。体中の筋肉が強張って、動くという意思決定を拒絶するんです」 「だったら・・・・・・おれも体験した」 「いつ?」 「ジャンボが墜ちた一週間さ・・・・・・」
1985年8月12日、通信社の速報が第一報を伝える。 「羽田発大阪行き日航123便が墜落した模様。乗客乗員524名ー。」
にわかに興奮の坩堝と化す編集局。全権デスクを命じられたのは悠木だった−。
K’s Point 発生から23年、決して忘れてはならないあの夏
1985年、日航機墜落。世界最大の単独機事故……520名の命を一瞬にして奪い、その家族や友人たちの人生をも狂わせた熱い夏の日。決して忘れてはならない日々を、地元新聞社の記者目線で描いた本作は、ドキュメンタリーをみている様なリアリティーと緊張感を感じさせる本格的社会派ドラマだ。ネットも携帯もなかった時代に、タイムリミットや社内の圧力に立ち向かいながら、足で、目で得た真実を必死に伝えようとする記者たちの姿には胸が熱くなる。特に「現場」にこだわる敏腕記者、佐山が書く「地獄(現場)」の描写。その言葉は、実際の現場をみた作者、横山秀夫氏だからこその言葉。23年の時を経て、この事故を知らない世代も増えている今だからこそたくさんの人に観てほしい。
K’s Point 密かに?旬男! 堺雅人の魅力
何といっても俳優たちの素晴らしい演技が見どころの本作。相変わらず何をやらせても巧い堤真一は、愚直で不器用な一匹狼的記者、悠木に熱い息を吹き込んだ。また新聞社・社長を演じる山崎努は、今回もいやらしさ全開。エロオヤジを演じさせたら彼の右に出る者はいない?!(いるとすれば津川雅彦くらい?)。しかしなんといっても今回注目すべきは堺雅人。個人的に大ファンな事をさておいても、彼の演技がとにかく光る。普段、温厚な役どころが多い彼だが、デスクである悠木に食ってかかるシーンなどその迫力と眼力は他を圧倒するほど。新聞記者を徹底的に取材し、癖や、持ち物まで完璧に役作りしただけあり、スクリーンの彼はまさに「佐山」であり、「堺雅人」を感じさせない。「アフタースクール」「ジャージの二人」と出演作が続き、密かに「旬」な実力派俳優なのである。
脇を固める遠藤憲一や、渋い演技が光るでんでんなど、日本映画界を背負う俳優たちの演技がぶつかりあう熱いシーンにもぜひ注目してほしい。



     






  
プライバシーポリシー