ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「チェ 28歳の革命」

 iconicon

今なお、たった一枚の写真で人の心に革命を起こす男、チェ・ゲバラ。
20世紀最大のカリスマの美しき39年を描く“生”と“死”の2部作!
『トラフィック』でアカデミー賞監督賞&助演男優賞を受賞したスティーヴン・ソダーバーグと
ベネチオ・デル・トロが再びタッグを組み、20世紀最大のカリスマ:チェ・ゲバラのドラマティックな
生き様を、2部作・総上映時間4時間22分で描く超大作。


原題

The Argentine
製作年度/国

2008年/フランス、スペイン、アメリカ
上映時間

日本公開

2009年1月10日   スペイン公開:2008年9月5日
配給会社

ギャガ・コミュニケーションズ、日活
ジャンル

伝記ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・カンヌ国際映画祭 主演男優賞(B・デル・トロ) (2008年)

監督 スティーヴン・ソダーバーグ(「トラフィック」「エリン・ブロコビッチ」)

脚本 スティーヴン・ソダーバーグ(「セックスと嘘とビデオテープ」「ソラリス」)
ピーター・バックマン(「ジュラシック・パークV」「エラゴン 遺志を継ぐ者」)

製作 スティーヴン・ソダーバーグ(「ウェルカム トゥ コリンウッド」「ジャケット」)
ベニチオ・デル・トロ                                 他

撮影 ピーター・アンドリュース(「トラフィック」「オーシャンズ11」「さらば、ベルリン」)

音楽 アルベルト・イグレシアス(「オール・アバウト・マイ・マザー」「君のためなら千回でも」)

キャスト アーネスト・“チェ”・ゲバラ・デ・ラ・セルナ ベニチオ・デル・トロ
フィデル・カストロ デミアン・ビチル
バリエントス ヨアキム・デ・アルメイダ
レネ・バリエントス エドゥアルド・フェルナンデス
チロ・レドンド エドガー・ラミレス
アレイダ・ゲバラ カタリーナ・サンディノ・モレノ
ラウル・カストロ ロドリゴ・サントロ
タニア フランカ・ポテンテ
マリオ・モンジェ ルー・ダイアモンド・フィリップス
リサ・ハワード ジュリア・オーモンド
その他のキャスト サンティアゴ・カブレラ
ホルヘ・ペルゴリア
ベンジャミン・ブラット

公式HP http://che.gyao.jp/ (日本)
http://www.cheelargentino.com/ (スペイン)

ストーリー 医者として旅をしながら貧者を助けようとしたチェ・ゲバラは、フィデル・カストロとの運命的な出会いによって、自らの人生の矛先を変える。それは、たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀な闘い…。何故、チェは20世紀最大のカリスマとなったのか。 ほとばしる情熱のヒロイズム! 本気で世界を変えようとした男の熱き<生>がここにある!


K’s Point 生誕80周年。全てを捨てて、世界を変えようとした男の半生が描かれる!
没後40年の時を経てもなお、偉大な革命家としてカリスマ的な存在であるチェ・ゲバラ。生誕80年を迎える2008年、彼の半生がトータル4時間22分にも及ぶ2部作として製作された。そう聞けば大作をイメージするかもしれないが、事実を淡々と追っていくソダーバーグらし仕上がりで、派手さはない。しかし主演のチェを演じるベニチオ・デル・トロは7年にも及ぶ「チェ」についてのリサーチを重ね、体重も25キロ落とすという力の入れようで、カンヌ国際映画祭で喝采を浴びたことが納得の素晴らしい演技である。一部では28歳を軸に、キューバ―革命が成功するまでが描かれる。上映前に簡単な「チェ」についての説明が入るが、オープニングから時間軸がかなり前後するため、予備知識があったほうが入りやすい。多少、予習をして鑑賞することをお勧めする。



プライバシーポリシー