ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

   
     (C)2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.



原題

Charlie Wilson's War
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

1時間41分
日本公開

2008年5月17日
配給会社

東宝東和
ジャンル

ドラマ、伝記
カラーorモノクロ

カラー
監督
マイク・ニコルズ(「卒業」「シルクウッド」「心の旅」「クローサー」)

原作 ジョージ・クライル『Charlie Wilson's War』(Grove Pr刊)

脚本 アーロン・ソーキン(「ア・フュー・グッドメン」「アメリカン・プレジデント」)

製作 トム・ハンクス(「キャスト・アウェイ」「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」)
ゲイリー・ゴーツマン(「すべてをあなたに」「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」)

音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード(「摩天楼を夢みて」「卒業の朝」)

キャスト チャーリー・ウィルソン トム・ハンクス
ジョアン・ヘリング ジュリア・ロバーツ
ガスト・アヴラコトス フィリップ・シーモア・ホフマン
ボニー・バック エイミー・アダムス
ドク・ロング ネッド・ビーティ
ジア大統領 オム・プリ
ジェーン・リドル エミリー・ブラント
ズヴィ ケン・ストット
ヘンリー・クレイヴリー ジョン・スラッテリー
ハロルド・ホルト デニス・オヘア
クリスタル・リー ジャド・タイラー
ラリー・リドル ピーター・ゲレッティ
ポール・ブラウン ブライアン・マーキンソン
マイク・ヴィッカーズ クリストファー・デナム
ベリーダンサー トレイシー・フィリップス
チャーリーズ・エンジェル 受付嬢 ウィン・エヴァレット
チャーリーズ・エンジェル マーラ メアリー・ボナー・ベイカー
チャーリーズ・エンジェル スザンヌ レイチェル・ニコルズ
チャーリーズ・エンジェルス ジェイルベイト シリ・アップルビー

公式HP http://www.charlie-w.com/(日本)
http://www.charliewilsonswar.net/ (アメリカ)

ストーリー 美女と酒に囲まれ、政治活動以外に熱心な下院議員チャーリー・ウィルソンは、どこか憎めないチャーミングな男。そんな彼に、ただならぬ関係の富豪女性ジョアンは、ソ連の侵攻からアフガニンスタンを救ってほしいと持ちかける。元々正義感は持ち合わせているチャーリーのこと、実際に現地を訪れ、一念発起する。CIAのガストを味方につけ、奇想天外なプロジェクトに着手するのだが…。

K’s Point お気楽議員が目の当たりにしたアメリカの功罪
たった一人の議員がやってのけた大仕事。実話を元にしていると聞き、“ことなかれ主義”がうごめく日本の国会議事堂で試写をやらんかい!と思った次第だが、この映画が剥き出しにしているのは、単に成功物語に隠されたエピソードだけではない。チャーリーが救いの手を差し伸べたアフガニスタンが、それからどうなっていくのか、という点が大事なところなのだ。そしてそれは、現代のアメリカがやり続けていることにも繋がっている。アメリカは何も学んでは来なかったのか? 無条件にアメリカ礼賛の日本の政治を思えば、やはり国会議事堂で上映すべき映画だろう。




    
プライバシーポリシー