ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら



ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「チェンジリング」   ★イチオシシネマ

iconicon



誘拐され、戻って来た息子。でも、この子は私の息子じゃない!
1920年代のロサンゼルスで実際に起こった事件を基に、クリント・イーストウッドが映画化。
母親役を演じるアンジェリーナ・ジョリーには、アカデミー主演女優賞の声も!


原題

Changeling
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

日本公開

2009年2月20日   全米公開:2008年10月31日
配給会社

東宝東和
ジャンル

ミステリー、クライム、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督 クリント・イーストウッド(「パーフェクト・ワールド」「目撃」「ミスティック・リバー」)

脚本 J・マイケル・ストラジンスキー

製作 クリント・イーストウッド(「真夜中のサバナ」「目撃」「ミスティック・リバー」)
ブライアン・グレイザー(「身代金」「ミッシング」「フライトプラン」)
ロン・ハワード(「チェンバー/凍った絆」「D-TOX」「ミッシング」)
ロバート・ロレンツ(「ミスティック・リバー」「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」)

音楽 クリント・イーストウッド(「ミスティック・リバー」「ミリオンダラー・ベイビー」)

キャスト クリスティン・コリンズ アンジェリーナ・ジョリー
グスタフ・ブリーグレブ牧師 ジョン・マルコヴィッチ
J・J・ジョーンズ警部 ジェフリー・ドノヴァン
ジェームズ・E・デイヴィス警察本部長 コーム・フィオーレ
ゴードン・ノースコット ジェイソン・バトラー・ハーナー
キャロル・デクスター エイミー・ライアン
レスター・ヤバラ刑事 マイケル・ケリー

公式HP http://changeling.jp/ (日本)
http://www.changelingmovie.net/ (アメリカ)

ストーリー 1928年、ロサンゼルス。シングルマザーのクリスティンは9歳の息子、ウォルターに限りない愛情を注ぎ、忙しくも幸せな生活をおくっていた。しかしある日、クリスティンの出勤中に留守番をしていたウォルターが突然姿を消す。誘拐か家出か、クリスティンは眠れない夜を過ごしながら、ひたすらに愛する息子を待ち続ける。そんな彼女のもとに5か月後、イリノイ州でウォルターが発見されたという知らせが届く。マスコミが注目する喜びの対面の日、クリスティンの前に現れたウォルターは全くの別人であった……。

K’s Point 信じられない「ほんとうの話」
「ミリオンダラー・ベイビー」の、予告や簡単なストーリー解説を見た時に、あの結末を予想した者がどれだけいただろうか。思っていたものとは違う!そう感じた方も多いはず。しかし鑑賞後の感想は「良い意味で裏切られた」というものではなかっただろうか。この作品もまたそうである。失踪した息子が全くの別人となり戻ってくる、それだけ聞けばサスペンスなのか、ホラーなのか想像すらつきにくいだろう。しかしあえて、その先は知らずに鑑賞頂きたい。そこで目撃するのは、実話だと聞くと鳥肌がたつような恐怖や、怒りを感じずにはいられない現実。イーストウッドの構成も素晴らしく、無駄なシーンもないため、主人公クリスティーンの感情を痛いほどに体感させてくれる。「ミリオンダラー・ベイビー」のように悲しい話ではあるが、それだけで終わらないのもイーストウッド。今回もまた「良い意味で裏切ってくれる作品」である。

K’s Point アンジー、実力発揮!
世界一セクシーな女性として、またブラピのパートナーとして日本でも有名なアンジー。「トゥームレイダー」や「Mr.&Mrs スミス」などアクション映画に出演することが多いため、つい忘れてはいないだろうか。彼女が「演技派」「実力派」女優だということを。しかし、近年の作品ではもちろんソツない演技を見せてはいるものの、彼女の演技に感動したり、心揺さぶられることは正直なかった。だが、この作品の彼女を観ると、その演技力に思わず「凄い……」と言ってしまうだろう。「とにかく素晴らしい」のである。イーストウッドだからこそ彼女の力をここまで引き出せたのか、いや、やはりこれこそが彼女の真の実力なのか。とにかくアンジーの熱演は必見だ。




プライバシーポリシー