ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com














































特集

「大日本人」 カンヌ映画祭 レポート

     

◆松本人志監督 カンヌ映画祭コメント

★「大日本人」5月19日 公式上映22時―24時 舞台挨拶(公式上映 800人)

上映前:(松本監督が紹介されるとともに、盛大な拍手と歓声が飛び、フランスでも監督 のファンが多数いることが伺えた。)

オリビエ・ペール:すばらしいコメディアンによる映画「大日本人」は情熱的で、とても オリジナルで独創的。
オフビートなドキュメンタリータッチのリアリティを追求した作品
です。
image.net
松本監督:日本のスターです。(笑)
     誰も見たことのない映画になっていると思います。
     そして、一生忘れられない映画になっていると思います。

     新しいフランスの大統領も気に入ってくれると思います。

     楽しんでご覧ください。
image.net

★「大日本人」 5月19日 公式上映後 24時10分すぎ 公式上映後囲み取材(国内メディア向け)

Q カンヌに入られての印象はいかがですか?

A
 普段のカンヌが分からないですけど、こんな感じなのかな、という感じです。

Q
 カンヌでの公式上映はいかがでしたか?

A
 初めてのことで、こんなに緊張したことはないですね。一番緊張したというより、 今までにない緊張で、
次に映画をやってもこんな緊張はないでしょうね。
ど真ん中に座ってみるっていうのは緊張します。
笑いが起きていたことは嬉しかったです。どうせならいろんな国での反応が見てみたい ですね

Q
 次回作は?

A
 今後のみなさんの反応次第だと思います。これで浮かれずに更に、というのはあるん ですが

Q
 観客の反応については

A
 思っていないところで反応があったことには驚きましたね
 ふえるわかめのところは意外に分かるんだなと思いましたね

Q
 元々外国人の人に分かるだろうということはあったんですか?

A
 カンヌに出してることも知らなかったので、完全に日本人向けです。アメリカよりは ヨーロッパかなぁとは思いますね。
 キャスティングについては、割とすぐに決まって、これは完全に日本人向けですね、 こちらの人は役者さんのタレント性も分からないですからね

Q
 浜田さんが観たらなんといいますかね?

A
 観ないんじゃないですか?
  僕もシュレックみたことないですから(笑)
image.net

★「大日本人」 5月20日 公式会見 16時20分から 囲み取材(外国メディア向け)

Q なぜ映画を作ろうと思ったのか?

A
 映画を壊そうと思いました。誰もやっていないことをやろうと。

Q
 政治的な意味は?

A
 面白いことを追求するとそこに落ち着いた、ということですね。

Q
 笑いの天才と言われていますが、笑いのレベルは?

A
 5段階だとすると2です。相当分かりやすくしています

Q
 監督週間でこの作品を選んだときに、メランコリーや主人公の悲しみの部分を感じました

A
哀愁、というものがお笑いの中にあると思っていて、胸がキュンとなります。
  人間の面白い部分で笑いを追求すると、外せないです

Q
 登場しているキャラクターには、「あきらめ」「やる気がない」ように見えるが、これ は日本の社会を
描いているのですか?


A
 大佐藤さんの周囲には、あまり大佐藤さんを愛している人がいなくて、日本の社会を 表している部分もあるし、僕自身の立場を表しているともいえます。

Q
 映画のアイデアは?

A
 基本はテレビの仕事で、その先に何がある?と考えたときに、映画を撮ることにしました

Q
 製作の期間は?

A
 順撮りしまして、1年間くらいですね

Q
 とても日本的だと思いました。日本の監督で影響を受けたり、尊敬している監督は いますか?

A
 基本的には誰にも影響されていないと思います。もちろん尊敬している監督もいます が、作品が好きであって、
その方自身が好きであることはないですね。


Q
 舞台挨拶時にいつもと違った松本さんの顔を拝見した気がいたしましたが、 カンヌ映画祭に出品されてみて、
カンヌに対する意識の変化はありましたか?


A
 そうですね、作品に対して自信がある分、緊張も大きかったですね。

Q
 (1)日本のマスメディアがとても多く、北野武さんの後継者なのではという期待があり ます。
その期待に対してどう思いますか?

(2)
政治的メッセージを連想させるシーンもありましたが?

A
 (1)そうですね、武さんのことを意識していないと言ったら嘘になりますよね。確かに とてもリスペクトしています。でも、それだけに勝ちたいです。
(2)
自分が興味があったので、スパイス代わりに入れてみました。

Q
 いらっしゃる前と後で、カンヌに対する印象は変わりましたか

A
 少し欲が出たかもしれないですね。

Q
 主人公は才能を持っているが認められていないですよね、自画像的な面があると見受 けられたのですが。

A
 そのとおりですね(笑)



6月2日公開  「大日本人」

      
(C) YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.2007

企画・監督・主演:松本人志
脚本:松本人志 高須光聖 音楽:テイ・トウワ
製作:吉本興業 配給:松竹

【キャスト】竹内力 UA 神木隆之介 板尾創路



プライバシーポリシー