ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「キャンディ」







原題

Candy
製作年度/国

2006年/オーストラリア
上映時間

1時間48分
日本公開

2007年9月22日   関西公開:2007年10月6日
配給会社

ワイズポリシー
ジャンル

ラブ・ストーリー
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 オーストラリア映画批評家協会賞 最優秀主演女優賞(アビー・コーニッシュ)(2006年)
同 最優秀助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)

監督

ニール・アームフィールド
原作 ルーク・デイヴィス

脚本 ニール・アームフィールド
ルーク・デイヴィス

製作 エリザベス・アヴェラン(「レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード」「シン・シティ」)
ロバート・ロドリゲス(「デスペラード」「シン・シティ」)
クエンティン・タランティーノ(「デス・プルーフ in グラインドハウス」

キャスト ダン ヒース・レジャー
キャンディ アビー・コーニッシュ
キャスパー ジェフリー・ラッシュ
ワイアット氏 トニー・マーティン
ワイアット夫人 ノニ・ハズルハースト
シューマン トム・バッジ
ジョージ ロベルト・ミザ・モント

公式HP http://candy.cinemacafe.net/ (日本)
http://www.dendyfilms.com.au/candy/ (オーストラリア)

ストーリー 詩人、画家と、それぞれに芸術の道を目指すダンとキャンディは、熱烈な恋に落ちる。しかし、二人はお互いにのめり込むと同時に、ドラッグにもハマっていく。ドラッグを入手するため、キャンディは男たちに体を売り、ダンは盗みを働いた。落ちるところまで落ちた恋人たちの行く末は? 二人に更生の道は残されているのか?

K’s Point すべてをむしり取る愛を演じて…
この作品を観て、怒りを覚える人も少なくないだろう。あまりにも幼稚で、あまりにも成長の無い愛。それどころか、失っていくものばかり。キャンディというチャーミングな女性を愛しながら、彼女が売春するのを黙って見ているしかない情けない男ダン。ヒース・レジャーがこの役を引き受けた気持ちはよく分かる。多くの若手スターはジョニー・デップに追随したがっている。「スター・ウォーズ」シリーズで大ブレイクしたのに、小品ばかりを選んで出演するヘイデン・クリステンセンなどもそんな雰囲気が有るが、ヒースも「パトリオット」で有名になった後、安易に大作のオファーには応えず、小品でも納得のいくものに出演しようと、台本をかなり吟味していたと聞く。企画(脚本)の段階では、ダンは人間の弱い所をさらけ出して苦悩する、いわゆる“演じ甲斐の有る難役”と映ったに違いない。彼のチャレンジ精神を買おう。

K’s Point またまた登場、オージー・ビューティ!
ニコール・キッドマン、ケイト・ブランシェット、ナオミ・ワッツ……オーストラリア産の美女は、いずれも透き通るような色白の肌に、まばゆいブロンドヘアがご自慢。そんな先輩たちに続くであろう新星アビー・コーニッシュ。先に日本公開された「プロヴァンスの贈りもの」で“彼女は誰?”と思った方は、本作でまた違った魅力に遭遇するだろう。前述のニコールから近寄り難さを取ったような雰囲気の25歳が、ドラッグとセックスに溺れるハードな女性に体当たりで挑んだ。この役で評価されたアビーは、「エリザベス」の続編を始め、次回作も続々と待機中。「明日、君がいない」のテレサ・パルマーらと並んで、明日のオージー映画界を担うスター候補生なのだ。



プライバシーポリシー