ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「バーン・アフター・リーディング」



2008年度アカデミー賞3部門受賞監督コーエン兄弟が、ブラピ、G・クルー二ー、マルコヴィッチを
<あて書き>し作った確信犯的クライム・コメディ! !
全米初登場No.1、コーエン兄弟作品史上No.1の超話題作に、日本中が煙に巻かれる?

原題

Burn After Reading
製作年度/国

2008年/アメリカ
上映時間

1時間33分
日本公開

2009年4月24日   全米公開:2008年9月12日
配給会社

ギャガ・コミュニケーションズ、日活
ジャンル

クライム・コメディ
カラーorモノクロ

カラー
監督・脚本 イーサン・コーエン(「バーバー」「レディ・キラーズ」「ノーカントリー」
ジョエル・コーエン(「オー・ブラザー!」「バーバー」「レディ・キラーズ」)

製作 ティム・ビーヴァン(「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」
イーサン・コーエン(「オー・ブラザー!」「バーバー」「レディ・キラーズ」)
ジョエル・コーエン(「レディ・キラーズ」「ノーカントリー」
エリック・フェルナー(「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」

撮影 エマニュエル・ルベツキ(「ジョー・ブラックをよろしく」「トゥモロー・ワールド」)

音楽 カーター・バーウェル(「バーバー」「レディ・キラーズ」「ノーカントリー」

キャスト チャド・フェルドハイマー ブラッド・ピット
ハリー・ファラー ジョージ・クルーニー
オズボーン・コックス ジョン・マルコヴィッチ
リンダ・リツキ フランシス・マクドーマンド
ケイティ・コックス ティルダ・スウィントン
サンディ・ファラー エリザベス・マーヴェル
テッド・トレフォン リチャード・ジェンキンス
CIA上官 J・K・シモンズ
CIA捜査官 デヴィッド・ラッシュ
クラポトキン オレク・クルパ
アラン マイケル・カントリーマン
“カミング・アップ・デイジー”のスター ダーモット・マローニー

公式HP http://burn.gyao.jp/ (日本)
http://www.filminfocus.com/focusfeatures/film/burn_after_reading (アメリカ)

ストーリー ワシントンのフィットネスセンターで働くチャドとリンダが更衣室で拾った1枚のCD-ROMには、CIAの機密情報が書き込まれていた。その頃、元CIA諜報員のオズボーンは、自分が機密情報を紛失したと知って狼狽し…。
オズボーンの妻ケイティは、夫の危機に気づくこともなく、財務省連邦保安官ハリーと不倫生活を満喫中。さらにハリーは、出会い系サイトで意気投合したリンダとも関係を重ねていた。そんな5人が…。
1枚のディスクが発端となり、幼稚な企みが不運の連鎖を呼び、やがて事態は誰の手にも負えぬまま様々な人々を巻き込み、予想だにできない衝撃の結末へと転がっていくー。

K’s Point オスカーを背負ったコーエン監督、原点に戻る
いつもの作風とは色を変え、アカデミー®作品賞など4部門を受賞した「ノーカントリー」の次にコーエン監督が撮るものは――映画ファンの興味を集めた兄弟監督の新作は、一段と豪華なキャストを揃えての、お得意ブラック・コメディ路線。どこかピントがずれた登場人物たちが繰り広げる悲喜劇は、相変わらず独特の空気感を漂わせ、観始めた頃は「これ、これ、この感じ!」と嬉しくなるものの、そのテンションはラストまで続かない。彼らが味わわせてくれるはずの「してやられた!」感覚を得られないのが惜しいところ。とは言うものの、いずれも名優揃いのキャストたちによる掛け合いはさすがで、演技を楽しみたい向きにはうってつけの作品だ。特に、おバカっぷりをウリにされているブラッド・ピットは、彼にとっての最後の出演シーンに至るまでお茶目で新鮮。




プライバシーポリシー