ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報






本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com

■「ブロークン・イングリッシュ」

  

原題
Broken English
製作年度/国

2007年/アメリカ、フランス、日本
上映時間

1時間38分
日本公開

2008年12月13日   関西公開 2008年12月20日
配給会社

ファントム・フィルム
ジャンル

ロマンス
カラーorモノクロ

カラー
監督 ゾーイ・カサヴェテス
脚本 ゾーイ・カサヴェテス
キャスト ノラ・ワイルダー パーカー・ポージー
ジュリアン メルヴィル・プポー
オードリー・アンドリュース ドレア・ド・マッテオ
ニック・ゲーブル ジャスティン・セロー
アーヴィング・マン ピーター・ボグダノヴィッチ
マーク・アンドリュース ティム・ギニー
ジェームズ・マキャフリー
ジョシュ・ハミルトン
ベルナデット・ラフォン
マイケル・ペインズ
ヴィヴィアン・ワイルダー・マン ジーナ・ローランズ


公式HP http://broken-english.jp/index.html(日本)
http://www.brokenenglishfilm.com/(アメリカ)

ストーリー ニューヨークのホテルに勤務するノラは、30代の独身キャリアウーマン。昔はボーイフレンドがたくさんいたが、今では男性とつきあえば失敗ばかり。親友は結婚し、母親には心配され、不安にかられて焦るけれど、焦る自分がこれまた許せない。そんな情緒不安定な日々を過ごすノラの前に、フランス人男性、ジュリアンが現れる。ルックスだけでなく中身も魅力的な彼に心惹かれるが……。

K’s Point 監督はまさにアラフォー世代の女性監督! なのに……なぜ?
本作が初の長編監督となるゾーイ・カサヴェテスは1970年生まれの女性監督。映画のノラと同世代であるため、彼女が描く主人公は女性として絶対共感できるはず!だったのに……このノラ、正直にいって全く魅力を感じない。現代のアラサー、アラフォー女性は確かに不安もいっぱいだけど、こんなにイジケたり、情緒不安定になったりしない。酒に逃げ、男に騙され、パーティーに誘ってもらったくせにいい男がいないと「帰る」といって機嫌を損ねる。「なんだ?この女!そりゃ幸せになんかなれないよ!」といいたくなるシナリオだ。ジュリアンが彼女に惹かれたのも一体なぜ?ルックスだけじゃなく30代だからこその魅力をもっと観たかった。とにかくシナリオの甘さが目立つ残念な仕上がり。まだ数少ない女性監督。これからの作品に期待するとしよう。

K’s Point メルヴィル・プポーの魅力(だけ?)が光る!
とにかく美しさが印象に残るのは、フランス人男性、ジュリアンを演じるメルヴィル・プポー。「ぼくを葬る」「ゼロ時間の謎」と日本でも公開作が数本あるものの、いま一つ知名度のない彼だが、とにかく超イケメン。今年は「ブロークン」の公開もあり、女性ファンが急増すること間違いなしだ。彼のアップシーンには思わずため息。本当に素敵なメルヴィル・プポーを楽しんで欲しい作品だ。




  
プライバシーポリシー