ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

もうすぐ公開

今後のラインナップ

先取り新作情報

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:














































■「ボンボン」

iconicon
   
原題
Bombon: El Perro

製作年度/国

2004年/アルゼンチン
上映時間

1時間37分
日本公開

2007年4月14日   関西公開:2007年6月2日
配給会社

シネカノン
ジャンル

ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
監督・原案

カルロス・ソリン(「王様の映画」「エバースマイル、ニュージャージー」)
脚本

カルロス・ソリン(「王様の映画」「エバースマイル、ニュージャージー」)
サルバドール・ロセッリ
サンティアゴ・カロリ

キャスト フアン・ビジェガス フアン・ビジェガス
ワルテル・ドナード ワルテル・ドナード

公式HP

http://www.bombon-movie.com/ (日本)

ストーリー 初老のフアンは突然仕事をクビになり、途方に暮れていた。娘夫婦の処に身を寄せるが、肩身が狭い。ある時フアンは、ボンボンという名の白い大きな犬をもらい受ける。娘の大反対に遭い、やむなくボンボンを連れて車の旅に出るフアン。しかし、ボンボンとの出逢いが切っ掛けで、フアンの運命は拓け始め…。

K’s Point ブサイク可愛い白いヤツ
グシャっとしたユーモラスな顔立ちのブサイク犬ボンボン。だけど、どこか憎めない可愛いヤツ。ドゴ・アルヘンティーノという、アルゼンチン産の犬種。このボーッとした表情からは想像がつかないが、大きな獲物を捕えるための猟犬だそうだ。ということは、ボンボンの演技力は相当なもの? それもそのはず、演じるグレゴリオは、世界各地のドッグショーで受賞してきたツワモノなのだ。

K’s Point 素朴な演技のヒミツ
主人公のオジサンの飾らない自然な佇まいも、この映画の魅力の一つ。実はオジサンは、監督の製作会社で駐車場係をしている、れっきとした素人さんだった!(今は現職に復帰しているとか) ドッグショーのトレーナー、ワルテルさんも素人俳優。しかし、素人俳優は侮れないことが多い。それだけ役の雰囲気に近いから、現役の俳優を差し置いて抜擢されたわけで、この役をやる上ではベストなのだ。素人俳優を起用しての成功例としては、「キリング・フィールド」でアカデミー®助演男優賞を受賞したハイン・S・ニョールが有名である。

プライバシーポリシー