ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ジェイン・オースティン 秘められた恋」



(C)2006 Becoming Jane Films Limited, Scion Films Premier (Third) Limited Partnership and UK Film Council All Rights Reserved


原作が次々と映画化され、女性を中心に人気の高い作家ジェイン・オースティン。
一生独身を貫いたロマンスの大家に、実生活で経験した激しいまでの恋とは?
誰もが気になる、ジェインの作風に多大な影響を与えたその恋を、
旬の二人、アン・ハサウェイ&ジェームズ・マカヴォイが美しく再現する。


原題

Becoming Jane
製作年度/国

2007年/イギリス、アメリカ
上映時間

2時間
日本公開 2009年10月31日よりTOHOシネマズ シャンテにてロードショー(全国順次公開)
関西公開:2009年11月7日
イギリス公開:2007年3月9日   全米公開:2008年8月10日

配給会社

ヘキサゴン・ピクチャーズ
ジャンル

伝記ドラマ、ロマンス、歴史
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場 テアトル梅田 他

監督
ジュリアン・ジャロルド(「キンキーブーツ」)

脚本 ケヴィン・フッド
サラ・ウィリアムズ

撮影 アイジル・ブリルド(「キング 罪の王」「キンキーブーツ」)

音楽 エイドリアン・ジョンストン(「日蔭のふたり」「キンキーブーツ」)

キャスト ジェイン・オースティン アン・ハサウェイ
トム・ルフロイ ジェームズ・マカヴォイ
オースティン夫人 ジュリー・ウォルターズ
オースティン牧師 ジェームズ・クロムウェル
レディ・グレシャム マギー・スミス
ウィスリー氏 ローレンス・フォックス
カサンドラ・オースティン アンナ・マックスウェル・マーティン
エリザ ルーシー・コウ
ヘンリー・オースティン ジョー・アンダーソン
ラングロイス判事 イアン・リチャードソン
ジョン・ウォーレン レオ・ビル

公式HP http://www.jane-austen-movie.jp/ (日本)
http://www.bvimovies.com/uk/becoming_jane/ (イギリス)
http://video.movies.go.com/becomingjane/ (アメリカ)

ストーリー 1795年当時のイギリス社会では、愛のための結婚は、愚か者がすることだった。オースティン夫妻たちも、二人の娘の結婚について、経済的な問題ばかりを気にしていた。だが、下の娘のジェインは、違っていた。独立心に恵まれた、元気ハツラツ20歳のジェインは世の中の、階級や資産を超えたところに価値があると考えていた。ジェインは、愛のために結婚するつもりだった。両親は、財産があり家柄も良い夫こそが、ジェインに最も相応しいと考えた。そこで、白羽の矢を立てた相手が、ウィズリー氏である。彼は、まわりに強い畏敬の念を抱かせるほど裕福な地元の名士である、レディ・グレシャムの甥だった。両親の必死の努力にもかかわらず、ジェインはウィズリー氏との結婚に同意しない。そんな中、ジェインは若いアイルランド人のトム・レフロイに出会う。彼はロンドンで法律を学ぶ法学生で、ジェインの兄ヘンリーに伴われ、彼女が暮らすハンプシャーにやって来た。トムは、ハンサムで知的だが貧しかった。さらにトムは、洗練されていない地方の人々を蔑視していた。だが、その思いもジェインに出会って覆される。彼女は、トムが想像していた以上に優れた才能に恵まれ、恐ろしいまでに強い独立心を持っていた。そんな二人が恋に落ちるのは、自然の成り行きだった。トムは、駆け落ちをしようとジェインに持ちかけるが、その結果が、大きな不幸を招くのは誰の目にも明らかだった。二人で逃げたならば、何もかもを失うことになる。家族も、友人も、そして運命も。二人は、当時の社会の分別と感性をすべて傷つけてまでも、二人だけの一歩を踏み出せるのだろうか?




プライバシーポリシー