ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「阿波DANCE」  ◆チョイオシ


    
  


製作年度/国

2007年/日本
上映時間

1時間51分
日本公開

2007年8月25日
配給会社

CKエンタテインメント
ジャンル

ドラマ、青春
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場


監督 長江俊和(「エンマ」)

脚本 大野敏哉(「シムソンズ」)

振り付け KABA.ちゃん

主題歌 TRF

出演 川村(黒澤)茜 榮倉奈々
多智花孝治 勝地涼
冨田幸正 北条隆博
松浦和史 橋本淳
杉原穣 尾上寛之
湯川尚三 岡田義徳
田丸さやか 星野亜希
貝原正 久保晶
川村宗助 笑福亭松之助
川村恭子 高樹沙耶
多智花孝雄 高橋克実
公式HP http://www.awadance.jp/(日本)


ストーリー ヒップホップクィーンの茜は、両親の離婚で東京から徳島の高校へ転校する事になるが、田舎町での生活が嫌で仕方ない。しかも高校ダンス部の扉をたたくと中には阿波踊りを踊るダサイ男、4人組が……「無理」とつぶやく茜だったが、ひょんなことから、ダンス=阿波踊りの男子4人と、ダンス=HIP HOPの茜のダンスバトルが勃発?いつしか二つを融合した阿波DANCEが誕生し、阿波踊り出場を目指すのだが……はたして300年に一度の奇跡は訪れるのか?青春ダンスムービーが熱い!


K’s Point 阿呆になれ!
「眉山」では涙の感動シーンを演出した「阿波踊り」。だが今回はなんて爽快で気持ちいいのだろう。これぞまさに「青春」だ〜!
なぜ踊る?何の意味がある?そんなのどうでもいいじゃんか。何も考えず、阿呆になったもんが勝ち。ほんものの阿呆になった時、人は自分の殻を破り一回りも二回りも大きくなれるのかもしれない。人生一度なんだから阿呆になれ、その言葉が気持ちいい。
伝統的な阿波踊りとHIP HOPを融合させるという新しい設定もグッド! ありそうでなかった日本映画の魅力を感じさせる作品だ。とにかくクライマックスのダンスシーンは必見。


K’s Point 恥ずカワ? 勝地涼
個人的に大好きな俳優、勝地涼。「亡国のイージス」でかっこいい姿をみせ、映画界に彗星のごとき?現れた若手俳優だ。今年も「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」「吉祥天女」と出演作が続く彼だが、毎回違う顔を見せてくれるところが魅力。今回は阿波踊りをこよなく愛す高校生を熱演。TシャツをズボンにINしている、実際いたら「キモイ」男子生徒だが、なぜか惹きつけられるから不思議。やはり見どころは、クライマックス前の勝地君の「一人阿波踊り」だ。観てるほうがちょっと恥ずかしくなるようはシチュエーションだが彼だから許せちゃう?ちょっと恥ずカワな勝地君に注目!

  
プライバシーポリシー