ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら




ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「ある公爵夫人の生涯」  ◆チョイオシシネマ




原題

The Duchess
製作年度/国

2008年/イギリス、イタリア、フランス
上映時間

1時間50分
日本公開

2009年4月11日   イギリス公開:2008年9月5日
配給会社

パラマウント
ジャンル

歴史、ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・アカデミー賞® 衣装デザイン賞 (2009年度)
・英国アカデミー賞 衣装デザイン賞 (2009年度)

監督 ソウル・ディブ

原作 アマンダ・フォアマン

脚本 ソウル・ディブ
ジェフリー・ハッチャー(「カサノバ」)
アナス・トーマス・イェンセン(「ある愛の風景」「アフター・ウェディング」

撮影 ギュラ・パドス(「氷の微笑2」「いつか眠りにつく前に」

衣装 マイケル・オコナー(「ラストキング・オブ・スコットランド」

音楽 レイチェル・ポートマン(「Emma エマ」「白いカラス」「オリバー・ツイスト」)

キャスト デヴォンシャー公爵夫人 キーラ・ナイトレイ
デヴォンシャー公爵 レイフ・ファインズ
レディ・スペンサー シャーロット・ランプリング
チャールズ・グレイ ドミニク・クーパー
レディ・エリザベス・フォスター ヘイリー・アトウェル
チャールズ・ジェームズ・フォックス サイモン・マクバーニー
リチャード・ブリンスリー・シェリダン エイダン・マクアードル

公式HP http://www.koushakufujin-movie.jp/ (日本)
http://www.theduchessmovie.co.uk/ (イギリス)
http://www.theduchessmovie.com/ (アメリカ)

ストーリー 18世紀イギリス。貴族の家に生まれたジョージアナ・スペンサーは、17歳で最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵に嫁ぐ。誰もが羨む結婚は、幸せを約束されたも同じだった。ファッションセンスに優れた彼女は、すぐに社交界の花となり誰もに愛される。ただ一人、夫のデヴォンシャー公爵以外には……。、

K’s Point 200年前に実在したもう一人のダイアナ
90年代に衝撃的な事故死を遂げたダイアナ元皇太子妃。美しく、ファッションセンスに優れ、世界中の女性の憧れでありながら、夫の無関心や愛人の間で苦しんだ女性……その実際の祖先であるデヴォンシャー公爵夫人の生涯は、ダイアナの人生との類似点があまりにも多い。彼女もまた、世継ぎを生む道具としてしか自分を見ない夫と、夫の愛人との共同生活を強いられるなど、裏切りや孤独にもがき苦しむ。実話であるため、ドラマティックなクライマックスが待っているわけではない。だが歴史は繰り返されるとでも言いたげな運命の悪戯に、驚かずにはいられない。とにかく夫・デヴォンシャー公爵が最悪であり、レイフ・ファインズは女性ファンが減少すること間違いない?!

K’s Point ゴージャスでキュートな衣装に注目
アカデミー®衣装デザイン賞受賞が大納得の本作。キーラ・ナイトレイの衣装やアクセサリーがとにかくゴージャスでキュート。次はどんな衣装で登場するのか楽しみになってくる。ファッションリーダーとして注目される公爵夫人ならではのお洒落が見事に表現され、衣装含をめ全てが「公爵夫人の生涯」として描かれている。女性なら誰もが一度は着てみたい華やかなドレス……時代劇ならではの楽しみも十分に味わえる。



プライバシーポリシー