ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com













































■「アポカリプト」
      
iconicon  


原題

Apocalypto
製作年度/国

2006年/アメリカ
上映時間

2時間18分
日本公開

2007年6月16日
配給会社

東宝東和
ジャンル

アドベンチャー、アクション、サスペンス
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場

三番街シネマTOHOシネマズ二条109シネマズHAT神戸 他

監督

メル・ギブソン(「パッション」)
製作

メル・ギブソン(「パッション」)
脚本

メル・ギブソン(「パッション」)
ファラド・サフィニア

キャスト ジャガー・バウ ルディ・ヤングブラッド
セブン ダリア・エルナンデス
ブランテッド ジャナサン・ブリューワー
ゼロ・ウルフ ラオール・トゥルヒロ
その他のキャスト モリス・バード、ヘラルド・タラセナ
ルドルフォ・パラシオス
フェルナンド・エルナンデス


公式HP


http://apocalypto.jp/(日本)
ストーリー ジャガー・バウは中央アメリカのジャングルに生きる誇り高きハンターの子孫。部族長の父や仲間たちと楽園のような場所で平和に暮らしていた。だがある日、村はマヤ帝国の傭兵の襲撃を受ける。2人目を妊娠している妻と長男を涸れ井戸の中に隠し、仲間を救うため必死に闘うジャガー。だが抵抗むなしく父を眼の前で殺され、他の仲間たち共に都会へと連れ去られてしまう。そこで彼らを待ち受けていたのは、干ばつを静めるために行われる生贄の儀式だった……

K’s Point メル・ギブソン監督がこだわる究極の“リアル”
頭脳ではなく本能に訴える映画を造りたかった!というメル・ギブソン監督。今回も言語は全てマヤ語を使用するなど彼独特のこだわりが見える。有名俳優の起用は一切なく、観客の先入観が全くない無名俳優(ほぼ演技未経験者)を起用。オーディションでは演技よりも身体能力や内に秘めているものを重要視したというだけあり、主人公ジャガーを演じるルディ・ヤングブラッドの眼力と生身のアクションに惹きつけられる。
何かが始まる時、何かが終わりを告げる……「アポカリプト」とは「新たな始まり」の意。
K’s Point 目撃するのは愛と勇気、そして人間に潜在する残虐さ
スピード感とスリリングさを追及したカメラ―クが特徴。まさに自分たちが追われている様な目線で展開するジャングルでのサバイバルシーンも見どころだ。中でも印象的なのは主人公ジャガーが生贄として首を切られそうになるシーン。仰向けにされた彼は、首をそらせ執行人の顔をじっと見つめる。彼の目線と同じ様に映された映像は、人間が逆さに映るもの。その姿は善と真逆に存在する人間のもう一つの顔、「残虐な悪の顔」のようでぞっとする。残酷なシーンが多いと賛否両論の本作。だが歴史は人間の残虐さの上に存在したと言えなくもない。1人の男が愛のために闘うヒーローもので終わらせない所がメル・ギブソンらしい。