ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「暗殺・リトビネンコ事件」

  




原題

Rebellion the Litvinenko Case
製作年度/国

2007年/ロシア
上映時間

1時間50分
日本公開

2007年12月22日   関西公開 2008年2月中旬
配給会社

スローラーナ
ジャンル

ドキュメンタリー
カラーorモノクロ

カラー
監督
アンドレイ・ネクラーソフ

出演 アレクサンドル《サーシャ》・リトビネンコ
マリーナ・リトビネンコ
アンナ・ポリトコフスカヤ 
ボリス・ベレゾフスキー
アンドレイ・ルゴボイ

公式HP http://litvinenko-case.com/ (日本)

ストーリー アンドレイ・ネクラーソフ監督は、イギリスに亡命していたリトビネンコを5年にわたってインタビューしていた。彼の暗殺事件は、その直後に起きた。「この映画の製作は私自身のための浄化であり、私の目の前で悲惨な死を遂げた友人を失ったショックに立ち向かうための努力なのです」「リトビネンコ氏は本当の殉教者。その死によって、一生を通じて訴え続けたメッセージを完成させた。それは、ロシアの残忍な警察組織の強大化を世界に向けて告発することだった。この映画を我が国ロシアの自由のために戦って死んだ人々全てに捧げる」と監督は語っている。監督は、その死まで病床に寄り添うようにして、この作品を完成させた。




プライバシーポリシー