ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「アメリカン・ギャングスター」   ◆チョイオシシネマ

iconicon





原題

American Gangster
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

2時間37分
日本公開

2008年2月1日
配給会社

東宝東和
ジャンル

サスペンス、クライム・ドラマ
カラーorモノクロ

カラー
上映劇場

監督
リドリー・スコット(「ブラック・レイン」「テルマ&ルイーズ」「ハンニバル」)

脚本 スティーヴン・ザイリアン(「ギャング・オブ・ニューヨーク」「ハンニバル」)

製作 ブライアン・グレイザー(「身代金」「ミッシング」「インサイド・マン」)
リドリー・スコット(「テルマ&ルイーズ」「マッチスティック・メン」「ドミノ」)

キャスト フランク・ルーカス デンゼル・ワシントン
リッチー・ロバーツ刑事 ラッセル・クロウ
ヒューイ・ルーカス キウェテル・イジョフォー
ニッキー・バーンズ キューバ・グッディング・Jr
トルーポ刑事 ジョシュ・ブローリン
ルー・トバック地方検事 テッド・レヴィン
ドミニク・カッターノ アーマンド・アサンテ
ジェイ・リヴェラ ジョン・オーティス
フレディ・スピアマン ジョン・ホークス
モーゼス・ジョーンズ RZA
ママ・ルーカス ルビー・ディー
ターナー・ルーカス コモン
ローリー・ロバーツ カーラ・グギーノ
エヴァ ライマリ・ナダル
ネイト ロジャー・グーンヴァー・スミス
ジミー・ジー マルコム・グッドウィン
アルフォンゾ・アブルッゾ ユル・ヴァスケス
ジョーイ・サダーノ リッチー・コスター
メルヴィン・ルーカス ワーナー・ミラー
テレンス・ルーカス アルバート・ジョーンズ
デクスター・ルーカス J・カイル・マンゼイ
スティービー・ルーカス ティップ・ハリス

公式HP http://americangangster.jp/ (日本)
http://www.americangangster.net/ (アメリカ)

ストーリー 1970年代初頭のニューヨーク。「ハーレムのロビンフッド」と呼ばれた黒人ギャングのボス、バンピーが急逝する。15年間彼の運転手をし、ずっと側で彼をみていたフランク・ルーカスはボス亡き後、自分の力で生きていこうと決意し、ある計画を思いつく。それはマフィアでさえ成しえなかったやり方で、当時アメリカに蔓延していた麻薬の売買を行うこと。フランクは抜群の行動力で計画を実行し、巨万の富を得る。が、目立たぬように生活し、その姿は街に同化していたため誰もが彼が暗黒街のボスであることに気づきもしなかった。たった一人の刑事を除いては……。実在した黒人ギャングと刑事の生き様を描いた犯罪サスペンス。

K’s Point 主人公は2人の男
「正義を貫く一人の刑事が、暗黒街のボスであるギャングを追い詰め、犯罪を暴く」物語だ。通常、観客は主人公である刑事に感情移入し、「早く悪を捕まえるのだ!」と応援しながら観るはずである。しかしこの作品は違う。なぜか悪役目線でも観てしまうのだ。やはり、悪役のデンゼル・ワシントンがめちゃくちゃカッコ良いという理由が大きい。頭が切れるクールな表情と、時折みせる優しそうな笑顔がとても魅力的で、ついつい「捕まらないで」と思ってしまう。また黒人であるという人種差別の問題などをうまく絡ませて描いているため、フランク目線で観てしまうというのも理由の一つだろう。ギャングものでありながら、2人の男、それぞれの信念や弱さも描いている点で人間ドラマとしても奥深い、そこがこの作品の一番の魅力だ。
K’s Point やっぱり外れなし
2時間37分と言えば、正直長い……。確かにこの作品も前半から中盤にかけてちょっと長いなと思わせる所もある。(ちゃんと意味のあるシーンなのだが……)しかし! ラッセル・クロウとデンゼル・ワシントンの距離がジリジリと近づいていく中盤からリドリー・スコット劇場が始まる。緊迫感あふれる突入シーンや、追跡シーンなど、中盤からはグイグイと惹きこまれる。デンゼル・ワシントンとラッセル・クロウが同じスクリーンに入っているシーンは絵だけでかなりの贅沢感。彼らの演技対決は本当に見ごたえがる。やっぱり、リドリー・スコットの作品に外れなし、そう思わせる出来だ。



      
プライバシーポリシー