ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「アレックス・ライダー」

iconicon    

 
    



原題

Stormbreaker
製作年度/国

2006年/イギリス、アメリカ、ドイツ
上映時間

1時間33分
日本公開

2007年10月27日
配給会社

CKエンタテインメント
ジャンル

アクション、アドベンチャー、ファミリー
カラーorモノクロ

カラー
監督 jジェフリー・サックス(「サイレントノイズ」)
アクション監督 ドニー・イェン
原作 アンソニー・ホロヴィッツ 『ストームブレイカー』(集英社)
脚本 アンソニー・ホロヴィッツ (「ギャザリング」)
公式HP http://www.alexrider.jp/ (日本)



http://www.stormbreakerthemovie.com/ (アメリカ)

キャスト アレックス・ライダー アレックス・ベティファー
イアン・ライダー ユアン・マクレガー
ダリアス・セイル ミッキー・ローク
アラン・ブラント ビル・ナイ
ナディア・ヴォール ミッシー・パイル
ジャック・スターブライト アリシア・シルヴァーストーン
サビーナ・プレジャー サラ・ボルジャー
ミスター・グリン アンディ・サーキス
ヤッセン・グレゴヴィッチ ダミアン・ルイス
ジョーンズ夫人 ソフィー・オコネドー
a
a
ストーリー 両親を亡くし、地味な銀行員である叔父に育てられたアレックスはごく普通のティーンエイジャーだった。しかし、叔父が謎の事故死をとげた時、実は叔父は英国諜報機関MI6の諜報員であり、何者かに殺害されたことを知る。そして趣味としてすすめられていたライフル射撃、空手、語学、ボクシングなどが全て、諜報員になるために教えこまれていたことも。その才能を認められた彼はMI6かにスカウトされる。初めは拒んでいたアレックスだがやむを得ず引き受けなければならない状態に。彼の初任務は……ロンドン・数百万人の命がかかったとんでもない陰謀を暴くことだった。果たして彼は無事任務を遂行し人々の命を救う事が出来るのか?!

K’s Point 世界が待ち望んでいたイケメン俳優、アレックス・ペティファー!
いまだ洋画のイケメン俳優と言えばブラッド・ピットやジョニー・デップ。若手イケメンのオーランド・ブルームもすでに30代である。もっと若くてトキメクような俳優は出てこないのか?あの「リバー・ランズ・スルー・イット」でブラピをみた時のような、亡きリバー・フェニックスを発見した時のような……いや、ここに待ち望んでいたイケメン俳優が存在した。俳優リチャード・ペティファーとモデルのリー・アイルランドの間に生まれたサラブレッド、アレックス・ぺティファーだ。撮影当時は15歳(現在17歳)だがその美しい顔立ちはスクリーンの中でも輝き、まるで「宝物」を発見した気分だ。映画出演二作目にしてもうハリウッド進出が決まっているという次世代俳優で久々にときめこう!

K’s Point 新たなるスパイシリーズ誕生か!
原作はアンソニー・ホロヴィッツのベストセラー 『ストームブレイカー』。世界中にファンを持ち、映画化が待ち望まれていた作品だ。主役アレックスの魅力が大きく映画の出来を左右するため500人を超えるオーディションを実行。そしてアレックスを発掘した。原作者のホロヴィッツが怖いほどイメージ通りだというだけあり、世界の原作ファンも納得のキャスティングだろう。
頑張ってはいるもののやはり体のキレは微妙?な30代〜40代が演じるスパイ映画か、コメディタッチな子供スパイ映画が多く存在する中で、「アレックス・ライダー」はちょうどど真ん中を行くありそうでなかった作品。とにかく身軽でクールなスパイ誕生が嬉しい。






プライバシーポリシー