ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら


・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「愛を読むひと」



第二次世界大戦前のドイツ、法学生のマイケルは年上の女性と恋に落ちる。
恋人との謎めいた別離から10年余りを経て、マイケルは彼女と思わぬ形で再会し――。
妊娠で降板したニコール・キッドマンに代わって出演したケイト・ウィンスレットの演技が
各方面で大絶賛されている話題のラブ・ロマンス。


原題

The Reader
製作年度/国

2008年/アメリカ、ドイツ
上映時間

2時間4分
日本公開

2009年6月19日   全米公開:2009年1月9日
配給会社

ショウゲート
ジャンル

ドラマ、ロマンス、ミステリー、戦争
カラーorモノクロ

カラー
主な受賞歴 ・放送映画批評家協会賞 助演女優賞(K・ウィンスレット) (2008年)
・シカゴ映画批評家協会賞 助演女優賞(K・ウィンスレット) (2008年)
・ゴールデン・グローブ 助演女優賞(K・ウィンスレット) (2009年)

監督 スティーヴン・ダルドリー(「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」)

原作 ベルンハルト・シュリンク 『朗読者』(新潮社刊)

脚本 デヴィッド・ヘア(「ストラップレス」「ダメージ」「めぐりあう時間たち」)

撮影 クリス・メンゲス(「キリング・フィールド」「マイケル・コリンズ」)

音楽 アルベルト・イグレシアス(「ナイロビの蜂」「ボルベール<帰郷>」

キャスト ハンナ・シュミッツ ケイト・ウィンスレット
マイケル・バーグ レイフ・ファインズ
若き日のマイケル・バーグ デヴィッド・クロス
イラーナ・メイザー/ローズ・メイザー レナ・オリン
ロール教授 ブルーノ・ガンツ
若き日のイラーナ・メイザー アレクサンドラ・マリア・ララ

公式HP http://www.aiyomu.com/ (日本)
http://www.thereader-movie.com/ (アメリカ)

ストーリー 1958年ドイツ。15歳のマイケルは、具合が悪くなった所を助けてもらった女性と恋に落ちた。彼女は21歳も年上だったが、マイケルは彼女との愛を深めていく。彼女はいつも本を読んでほしいとマイケルにねだり、彼の朗読をとても楽しみにしていた。しかし彼女は突然姿を消し、数年後、法学専攻の大学生になったマイケルは、無期懲役の判決を受けるハンナと法廷で再会し……。

K’s Point 愛か?それとも……
ひと夏ではあるけれど、マイケルの人生に強烈な影響を残したハンナとの愛。思春期ならではの彼の行動と、36歳という年齢だからこそのハンナの応え。そのあたりは少し強引な印象もあるがよく描かれてる。ただ、いま一つわからないのが中年になってからの彼の気持ちだ。監獄にテープを送り続けながら、一通の返信も送らない。男性には理解できるのかもしれないが、女性から見ればその優しさは罪だ。希望と絶望を与え、それは愛なのか?と思ってしまう。何も語らないマイケルの気持は原作には描かれているのかもしれないが、うまく表現されているとは思えなかった。またハンナの秘密の大きさも、それほどまでに?と思わなくもない。正直、期待ほどではない出来だったのだが、15歳のマイケルを演じたデヴィッド・クロスはかなり魅力的。若くして亡くなったヒース・レジャーを彷彿とさせる彼を知ったことは収穫である。




プライバシーポリシー