ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

前売り発売情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com

■「アヒルと鴨のコインロッカー」◆
  
iconicon
 



製作年度/国 2007年/日本
上映時間 1時間50分
日本公開 2007年6月23日   関西公開:2007年7月21日
配給会社 ザナドゥー
ジャンル ミステリー、ドラマ、青春
カラーorモノクロ カラー
監督 中村義洋 (「 あそこの席 」)
原作 伊坂幸太郎(「陽気なギャングが地球を回す」)
脚本 中村義洋 (「 あそこの席 」)
鈴木謙一(「この胸いっぱいの愛を」)
主題歌 ボブ・ディラン『風に吹かれて』(ソニー・ミュージック・ディレクト)
キャスト 椎名 濱田岳
河崎 瑛太
琴美 関めぐみ
ドルジ 田村圭生
麗子 大塚寧々
その他のキャスト 松田龍平、
関暁生(ハローバイバイ)、
なぎら健壱、キムラ緑子、
眞島秀和、野村恵里、平田薫、
寺十吾、恩田括
公式HP http://www.ahiru-kamo.jp/
ストーリー 仙台に越してきたその日に、ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら片付けをしていた椎名は、隣人の河崎に声をかけられた。「あの声は、神さまの声だ」。そう言いながら、河崎はおかしな計画を椎名に持ちかける。「一緒に本屋を襲わないか」 同じアパートに住む引きこもりの留学生ドルジに、一冊の広辞苑を贈りたい、と言う。「彼には調べたいことが二つある。一つはアヒル、もう一つは鴨だ」。そんな奇妙な話に乗る気などなかった椎名だが、翌日、河崎に言われるままに、モデルガンを片手に書店の裏口に立ってしまった。本屋襲撃は成功。しかし、「これ『広辞林』だ......『広辞苑』じゃない!」 不思議と笑みを返すだけの河崎。実はその計画には、河崎とドルジ、そしてドルジの恋人で河崎の元カノ琴美、三人の、愛しくて切ない物語が隠されていた……。
K’s Point 何も知らない人は、このまま予備知識なしで観るべし!
この映画の世界観に浸りきりたいなら、なるべく情報を入れずに映画館に行こう。その理由もここには書かないでおく。と言っても、原作は第25回吉川英治文学新人賞を受賞し、「このミステリーがすごい!2005年版」国内編2位や、2004年の本屋大賞3位に選ばれ、35万部を売り上げたベストセラー。すでにストーリーを知っている人も多いはず。だが、それはそれでリピーターのような感覚でなぞりながら楽しめる(この映画にはリピーター・キャンペーンが付いているぐらいなので、知った上で観るとまた違う味わいがある)。
K’s Point これ以外は考えられないほど絶妙なキャスティング
作品の肝になっているのが、河崎の在り方だ。このミステリアスな男を完璧に表現出来なければ、結末を知った時にガッカリしてしまうに違いない。中村監督は、瑛太のキャスティングを真っ先に決めたそうである。なるほど、これは瑛太だからこそ演じられたのだな、ということに観終わって納得。監督の読みは見事に的中した。彼に振り回される椎名役でW主演の浜田岳は舞台挨拶で、作品の不思議感に引っ掛けて、「本当に僕が主演なのか?」と笑いを誘っていたが、私たちの視点で真実を知っていくナビゲーター的な役割を好演。そして、特筆すべきは松田龍平の存在感。亡き父・優作を彷彿とさせる生まれ持っての独特な雰囲気を活かし、物語の後半をしっかりと支えている。
K’s Point 神様は歌う、“答えは風の中にある”と
オープニングから幾度となく流れるボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」。椎名と河崎の出逢いを作ったのも、ドルジと琴美の想い出の中に在るのも、この曲だった。河崎が“神の声”と呼ぶ歌声は、まるで神の啓示ででもあるかのように心に響く。曲をかけていない時でも、自然と口をついて出るメロディ。神様はいつも私たちの傍で見てくれているのだろうか? 私たちのしていることは間違ってはいないのだろうか? その答えを探せるのは自分だけ。神様が“答えは風の中にある”と歌うなら、どんな強い風であろうと、探すために入っていかなければならない時もあるのかも知れない…。






  
プライバシーポリシー