ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com
■「スパイダーマン3」   ★イチオシシネマ

  icon







原題

Spider-Man 3
製作年度/国

2007年/アメリカ
上映時間

2時間19分
日本公開

2007年5月1日
配給会社

ソニー・ピクチャーズ エンターテインメント
ジャンル

SFアクション、アドベンチャー
カラーorモノクロ

カラー
監督
サム・ライミ(「スパイダーマン」「スパイダーマン2」)

原作 スタン・リー、スティーヴ・ディッコ(マーベル社のコミック・シリーズ)

脚本 アルヴィン・サージェント(「ジュリア」「普通の人々」「スパイダーマン2」)

主題歌 スノウ・パトロール『シグナル・ファイア』(ユニバーサル インターナショナル)

キャスト ピーター・パーカー/スパイダーマン トビー・マグワイア
メリー・ジェーン・ワトソン(MJ) キルステン・ダンスト
ハリー・オズボーン ジェームズ・フランコ
フリント・マルコ/サンドマン トーマス・ヘイデン・チャーチ
エディ・ブロック/ヴェノム トファー・グレイス
グウェン・ステイシー ブライス・ダラス・ハワード
ジョージ・ステイシー ジェームズ・クロムウェル
その他のキャスト ローズマリー・ハリス
J・K・シモンズ
テレサ・ラッセル
ブルース・キャンベル

公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/spider-man3/site/index_jpn.php (日本)
http://www.sonypictures.com/movies/spiderman3/site/ (アメリカ)

ストーリー ニューヨーク市民に“正義のヒーロー”と讃えられるようになったスパイダーマンことピーター・パーカー。恋人MJへのプロポーズも控え、有頂天になっているところを、自分を父の仇だと誤解し、ニュー・ゴブリンに変貌を遂げたかつての親友ハリーに襲われる。体を蝕んでいく謎の黒い生命体、新たな敵サンドマンとヴェノムの出現、MJとのすれ違い……ヒーローとして、人間として、幾つもの試練がピーターの前に立ちはだかる。

K’s Point 白黒…ではなく、赤黒ハッキリ付けてくれ!
今作の最大の注目ポイントは、何と言ってもブラック・スパイダーマン。ピーターはごく普通の青年だけに、その精神には人間の愚かさ、傲慢さ、脆さも宿る。そこにつけ込むように取り憑くのが、謎の黒い液状生命体。それは赤いスパイダースーツをたちまち黒に染め上げ、彼のパワーを増幅させる。絶大な力を得た者は、どういう行動に出るのか? 真のヒーローの資質が問われる!

K’s Point ニューヨークを恐怖に陥れる、変幻自在の砂男
警察から逃げる途中で、放射能実験中の施設に入り込んだ犯罪者マルコは、あろうことか砂と融合。その結果、自在に姿を変えられるサンドマンになる。そう、まるで「ターミネーター2」のリキッド・ターミネーター、T1000のように、どんなに衝撃を与えても、すぐに元の姿に戻ってしまうのだ。蜘蛛の糸だけでは太刀打ちできないぞ、どうする、スパイディ!?

K’s Point ピーターのプロポーズ大作戦に、暗雲たちこめる
前作のラストで結婚式をドタキャンし、ピーターの許へウェディングドレス姿のまま駆けて来たMJ。本作の冒頭でも星空の下、蜘蛛の糸のハンモックで愛を語り合う…なんてロマンティックが止まりそうもない二人だったが、問題勃発。人気に目がくらんだピーターは、MJの苦悩に気付いてやれないどころか、調子に乗って金髪美女とイチャイチャ。女性客から大ブーイングもののピーター君、MJと再び心を通わせることは叶うのか?

K’s Point カッコ悲しきハリー坊ちゃまに新展開
お坊ちゃまでイケメン、愁いのある表情がたまらない、ハリー役のジェームズ・フランコ。シリーズで一番彼の見せ場が多いのが本作。ニュー・ゴブリンとなったアクション面でも大活躍だが、ピーターやMJとの絡みで見せる内面の演技に注目。このシリーズが単なるアクション大作ではないという部分の一角を、立派に担っているのだ。シリーズを見守ってきたファンは、ピーターとハリーの友情復活を心から願わずにはいられないはず。




        
プライバシーポリシー