ムービーK                            
                                                              ~関西発シネマ情報
TOP 公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報




・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com



 「ブラインドネス」 記者会見


登壇者
監督:フェルナンド・メイレレス
キャスト:ジュリアン・ムーア、木村佳乃、伊勢谷友介
脚本:ドン・マッケラー
製作:ニヴ・フィッチマン、酒井園子
ゲスト:芝田山親方            (敬称略)


「シティ・オブ・ゴッド」で注目を浴び、「ナイロビの蜂」でその名を世界に知らしめた
フェルナンド・メイレレス監督が新作「ブラインドネス」をひっさげ、第21回東京国際映画祭に登場!
アカデミー賞の常連であるジュリアン・ムーアも初来日し、木村佳乃、伊勢谷友介らと共に記者会見が行われた。

★日本が大好きとおっしゃるフェルナンド・メイレレス監督            ★初来日となるジュリアン・ムーアさん


       
★第21回東京国際映画祭で映画祭大使も務める木村佳乃さん    ★映画で「最初に失明した男」を演じる伊勢谷友介さん



★世界的脚本家のドン・マッケラー氏                   ★製作者である酒井園子さんとニヴ・フィッチマン氏


――Q 監督に質問です。盲目を演じる方を集めてトレーニングをされたそうですが。


エキストラの方を集めて、大体4~5時間ほど目隠しをして鬼ごっこをしたり、色々なエクササイズをしました。私自身も経験したのですが、とても良かったのでクルーの方や、メインキャストの方にも体験してもらいました。とても役立ったと思っています。



――Q エクササイズを受けて木村さんは?


舞台ではエクササイズはよくあるのですが、映画でエクササイズがあるのは新鮮でした。
私の役は目が見えなくなって少しうつ病っぽくなる役なのですが、アイマスクをして過ごすと
歩けないというか、しゃがみ込んでしまうんです。
本当に恐怖を感じました。


――Q 監督に質問です。
    ジュリアン・ムーアのような素晴らしい女優を演出するのは大変では?



殆ど何もしなくていいんです。彼女はあらゆる面で心をこめて参加してくれました。
なので本当に何もしなくて良かった。
皆さん、監督は俳優さんたちに「こうしなさい」と言うと思っているかもしれませんが、
そんなことはありません。
彼女に対しては本当に楽でした。


――ここでジュリアン・ムーアさんが一言


監督はとても細かく繊細なプランを持っておられる方なので、私達の中にあるものを
うまく引き出してくれます。
私はこの監督と本当に仕事をしたいと思っていたし、こうやって実際に仕事ができて
とても光栄です。




芝田山親方から特大まんじゅうの贈呈!親方 ヒットを祈願して鏡開き


――Q 監督に質問です。
    原作はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白い闇』ですが
    映画化にあたりプレッシャーはありましたか?

プレッシャーはとてもありました。
大きすぎる本を選んでしまったのではないかと、契約する時に後悔したほどです。



――Q ジュリアン・ムーアさん、日本人キャストお二方の印象を教えてください。

モデルの様に本当に美しい方達ですし、才能ある素晴らしい俳優だと思います。
撮影が始まってまだ間もない頃、二人が再会する非常に大きなシーンを撮影されていました。
まだ撮影が始まったばかりで、あまり知らない状態でしたが、本当に素晴らしい演技で、
みんなそのシーンに惹きつけられました。
みんなが「素晴らしい俳優たちだ」と言っていました。


★会場は笑いのたえない和やかな雰囲気              ★とても気さくで笑顔がかわいいジュリアン・ムーアさん


★モデルの様に美しいと言われた木村佳乃さん、伊勢谷友介さん。
彼らに負けていないジュリアン・ムーアさんの美しいスタイルとファッションにも注目




■第21回東京国際映画祭 公式上映の模様から
       




カナダ、ブラジル、日本合作。言葉や文化を超え、素晴らしい才能が集結した作品がやってくる!

©20(C) 2008 Rhombus Media/O2 Filmes/Bee Vine Pictures

11月22日 丸の内プラゼール他
全国松竹系にてロードショー


映画情報はこちら★