ムービーK                            
                                                              〜関西発シネマ情報
TOP
公開中 今後のラインナップ 旧作映画 俳優・監督 海外情報 特集

新着情報

公開中

今後のラインナップ

先取り新作情報

地上波放送

DVD情報

俳優・監督

海外情報

特集

舞台挨拶情報

公開初日特典

映画俳優・演劇情報

前売り特典情報

イベント&コラボ情報

映画館情報





・本音で映画紹介
 ビデオキャストはこちら

・毎週お得な情報をメール
 で配信。メールマガジン
 登録はこちら










ムービーK
HP管理者 K&K
mail:

eigacan@movie-k.com

DVDを買うなら TSUTAYA online


【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

Shop.TOL
by TSUTAYA online


スカパー!は0円で始めよう!!

























ファイル名: j0290973.wmf
キーワード: 王冠, 王妃, 王様 ...
ファイル サイズ: 7 KB
独断と偏見で選ぶ
ファイル名: j0309806.gif
キーワード: Webアニメーション, Web素材, キラメキ ...
ファイル サイズ: 8 KB
2007 ムービーK アワード  邦画編
作品賞 
1位

ブラッド・ダイヤモンド
iconicon
 2位

パンズ・ラビリンス
icon
(C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ 
3位

  王の男   
icon
現実を知り、ショックをうけた衝撃作。新しい顔をみせたレオもグッド!

現実世界と幻想世界の絡ませ方が見事。互いを引き立て合って、ラストに何とも言えない余韻を残してくれる。 自由への叫びや管理体制への反抗。それを道化者が語るという、いつの時代にも通じるテーマが重く響いた。
 。
4位

ザ・シューター/極大射程
iconicon

5位

パフューム ある人殺しの物語
iconicon
 
6位

ボーン・アルティメイタムicon icon 
     
アクション映画の王道をいく面白さ。マークの格好よさが痺れる!
映像化不可能と言われた“香り”をなまめかしく表現。恐ろしくて美しい官能のサスペンス。 大好きなシリーズで期待大だったのにそれを上回った出来に感激!
7位

あるいは裏切りという名の犬


icon

 
8位

レミーのおいしいレストラン
iconicon
  
 
8位

私たちの幸せな時間
iconicon
 
      
見ごたえのあるストーリーと渋い演技にノックアウト!面白いの一言
やってやれないことはない!小さなネズミ君からの大きなメッセージで、レミーの料理は涙の塩味。 とにかく泣きたいときにはお勧め。カン・ドンウォン 演技派俳優への脱皮に成功!
。 
10位

プラネット・テラーin
グラインドハウス


 

10位

善き人のためのソナタ
icon
 
      
絶対に受け付けない人もいるだろうが、ツボにハマればたまらない快感が待っているブッ飛び映画。

人間の怖さを感じさせるが、人間の素晴らしさも感じさせるラストが圧巻。  
監督賞 
  1位

エドワード・ズウィック
「ブラッド・ダイヤモンド」
iconicon
2位

ジョン・ウー
「それでも生きる子供たちへ」  
iconicon
3位

トム・ティクヴァ
「パフューム ある人殺しの物語」
icon
     
社会派の難しいテーマをエンターテインメント性を持たせたままスクリーンへ。危険な題材に挑戦し、世界に問題提起した点も評価。
8人の監督で綴るオムニバス形式の中で、メッセージが一番伝わった作品。ショートストーリーの中に優しさがぎゅっと押し込まれている。 この世界観を創り出した力量はすごい! きっと監督も題材やキャストを見つける嗅覚が優れているのだろう。 
。 
4位

ジェィコブ・チャン
「墨攻」 
iconicon
5位

ギレルモ・デル・トロ
「パンズ・ラビリンス」


 (C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ 
 
     
「10万人の敵に挑む一人の男」という設定を見事に映像化。頭脳で切り抜ける戦闘シーンは迫力満点!


映像といい、ストーリー展開といい、創造の豊かさがバツグンで、彼にしか出せない味を感じさせた。  
脚本賞 
1位

オリヴィエ・マルシャル
フランク・マンクーゾ

「あるいは裏切りという名の犬」
  
icon
2位

ジョナサン・レムキン
「ザ・シューター/極大射程」
icon
3位

チェ・ソクファン
「王の男」
icon  
         
対立と葛藤というシナリオの基本が見事に描かれた作品。オヤジ達の中にロマンスも入れ、こういうの書いたらコンクール通るんでしょうね〜。

原作よりも主人公の年齢をさげ、絶対絶命の状況を切り抜けていく魅力的な新・主人公を作り上げた。 時代に翻弄される登場人物それぞれの心情の細やかなこと。華やかな宮廷の裏に潜む悲哀がよく表れていた。
。 
 4位

マーク・L・スミス
「モーテル」



 
5位

クリストファー・ランドン
カール・エルスワース

「ディスタービア」
  
(C) 2007 Dream Works LLC and Cold Spring Pictures. All rights reserved.   
5位

ジェレミー・ブロック
ピーター・モーガン
「ラストキング・オブ・
スコットランド」

iconicon

 

 
          
モーテルという限られた場所と、少人数で最後まで緊迫感を引っ張る手腕はすごい。最後までドキドキしっぱなしだった。

監視される主人公が覗きをしたために巻き込まれる殺人事件。なんちゅう面白い発想。若い主人公ならではの最新機器を駆使する展開も新しい。 今年「クィーン」でも高評価を受けたモーガンは大注目株。得意の実話ドラマは見応え充分だった。
主演男優賞 


レオナルド・ディカプリオ
「ブラッド・ダイヤモンド」
icon
2位

カム・ウソン
「王の男」
  icon
 3位

ベン・ウィショー
「パフューム
ある人殺しの物語」

  icon
      
名子役と謳われたレオ様が、とうとう大人の男を演じられる俳優として開花。もう甘ちゃんとは言わせない。

名演揃いのキャストの中、最も心惹かれたのは彼。感情の抑制・爆発と、自在に緩急をつけ、迫真の演技を見せた。 目に見えない香りを感じさせるあの演技!ルックスだけでは生き残れない舞台俳優の実力を感じさせた。
。 
 4

フォレスト・ウィテカー
「ラストキング・オブ・
スコットランド」

icon
5位

マーク・ウォールバーグ
「ザ・シューター/極大射程」
 icon

 
      
独裁者の表と裏を見事に演じ、存在感がすごかった。特に狂気を感じさせる目はまじで怖かったです!!


「ディパーテッド」のどうってことない役で評価されちゃったけど、こっちはシリーズ化してほしいぐらいマジでカッコイイんだから!
主演女優賞
   1位

カリス・ファン・ハウテン
「ブラックブック」
iconicon
   2位

クセニア・ラパポルト
「題名のない子守唄」
icon
3位

マリオン・コティヤール
「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」


(C) 2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITEDicon
     
一人の女の生き様を、肉体的・精神的に辛い撮影を乗り越えて演じきったド根性女優。美しさも保証します。

過去と現在をまるで2人の女性のように使い分け、ミステリアスなヒロインを作り上げた。今後、注目の女優! ホントに「プロヴァンスの贈りもの」の女優!?っていうぐらい、原形をとどめず各年代のピアフになり切っていた
。 
  4位

イ・ナヨン
「私たちの幸せな時間」
iconicon
5位

ヘレン・ミレン
「クィーン」


iconicon icon icon
 
      
ヨン様の妹役の時から可愛かったが、実力をつけ、見事演技派女優へと成長。彼女の表情に何度泣かされたことか。

本物? と思うくらいにそっくり。大物女優は女王にだってなれてしまうのね。まるでドキュメンタリー映画を観ているようでした。  
助演男優賞 
 1位

ジャイモン・フンスー
「ブラッド・ダイヤモンド」  
 icon
 
2位

ジョン・トラヴォルタ
「ヘアスプレー」


   
TM & (C) MVII New Line Productions,Inc.All Rights Reserved.
3位

フレディ・ロドリゲス
「プラネット・テラーin
グラインドハウス」

  
       
アフリカ出身というバックグラウンドを持つ彼ゆえの切実な想いがスクリーンにほとばしる熱演だった。
めちゃかわいい〜!!踊るトラボルタはやっぱり最高。助演女優賞をあげたいくらいに素敵なママでした。 愛する女を厳しさと優しさでもって支えるトコトンかっこいい男。彼が主役のスピンオフを作ってほしい!
 。
 4位

金城武
「傷だらけの男たち」
icon

5位

セルジ・ロペス
「パンズ・ラビリンス」


(C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ.
 
         
悲しい過去を持つアル中刑事という難しい役どころを演じ切り、かっこいいだけじゃない金城君をみせてくれた。
気持ち良いぐらい悪役に徹していた。結果、イヤな奴という印象がどこまでも残るが、これも彼の演技力の為せる技。  
助演女優賞 
1位

ジェニファー・ハドソン
「ドリームガールズ」
iconicon  icon
2位

アドリアナ・バラーザ
「バベル」
iconicon
  3位

ジュディ・デンチ
「あるスキャンダルの覚え書き」
icon
不遇の時代から一転、賞レース一人勝ちのシンデレラへと変貌を遂げただけあって、誰もが納得のソウルフルな演技。 何故に世間は菊地凛子ばかり? 一番胸を打たれたのは他でもない、アドリアナおばさんの場面なのだけど。 さすがアカデミーの常連。こんなオバサンに付きまとわれたら最悪!とマジでむかつく程にうまい!
 4位

ミシェル・ファイファー
「ヘアスプレー」


   TM & (C) MVII New Line ProductionsIncAll Rights Reserved


5位

マリベル・ベルドゥ
「パンズ・ラビリンス」

icon
 (C) 2006 ESTUDIOS PICASSO, TEQUILA GANG Y ESPERANTO FILMOJ 
怪演続きで最近お忙しいミシェル。久々に披露したダンスと歌もさることながら、衰えぬ美貌もご立派。

勇気と優しさを持つかっこいい女性を演じた彼女は、とても魅力的だった。いつしか主人公だけでなく彼女にも入ってしまったもの。
新人賞
男性部門

アレックス・ベティファー
「アレックス・ライダー」
    
(C) MMVI Film & Entertainment VIP Medienfonds 4 GmbH & Co. KG
男性部門

ベン・ウィショー
「パフューム ある人殺しの物語」
icon
右から二番目
彗星のように現れたイケメン俳優! 世界中が待ち焦がれた美少年は今後、世界に羽ばたくぞ! よくこんな子見つけてきたなぁ、というぐらいのハマリ役。独特の雰囲気で、個性派俳優としての飛躍が期待される。
女性部門

アビー・コーニッシュ
「キャンディ」


女性部門

ジェナ・ディーワン
「ステップ・アップ」
icon
同じオーストラリア出身のニコール・キッドマンに、エロ可愛さをプラスしたようなアビー。ホントにチャーミング。 本当にバックダンサーだったの?と思えるほどにキュートで色っぽい!ダンスはもちろん言うことなし。「レッスン!」にも出演し、ダンス映画に彼女ありの時代が来るだろう。

2007 ムービーK アワード 邦画編はこちら
プライバシーポリシー